Soyブログ

2020年7月 5日 日曜日

コロナ対策 って?の話し

7/5日、営業します

とうとう300人/日、近くなりましたね

今日は都知事選です、選挙後になんらかの動き?(自粛要請)がありそうな気がします
しょうがないけど、危険ですもんね
美容院は自粛要請中も必要な施設になりますから
しっかり衛生管理して頑張ります!
SOYは第一波の時にも、営業し続けていたので
消毒ノウハウはしっかりしてます

熊本県では、水害ですね従来のように
全国からボランティアとは行けないでしょう、人の往来には感染リスクが高まります、
避難所では、間違いなく感染対策をされていますので他から、ウイルスを持ち込まない限りは
大丈夫だと思います

昨日、NHKでノーベル賞受賞の山中教授解説のコロナウイルスの特集がありました、
見ながら、何故、コロナウイルスで亡くなってしまうのか?
様々な新しいこと?発見がありました

やはり、かかる仕組みと、重症化しない
仕組み、後遺症が残らない仕組みが
わかって安心?(対応)がわかって
勉強になりました、

SOYのコロナに対するテーマは
正しく恐れるです

まず、感染リスクですが、
人が集まりモノを口に入れる場合に
感染リスク(確率)が高いと言えます

直接、食べ物や飲み物を介して感染しているようですね、

重症化と死亡、後遺症の最大の原因は
サイトカインストームです

皆様は聴き慣れないでしょうか?

実は僕は、サイトカインストームのメカニズムを勉強した事があります

SOYのお客様はご存知の方々もいらっしゃいますが、イカツイ僕ですが、
頭皮とカラーやパーマなどの反応時の
活性酸素除去=抗酸化の
美容師ですが、研究者としての一面もあります、

抗酸化=活性酸素除去の勉強の中で
サイトカインストームが出て来ます、

簡単に言えば、
身体の中には、悪いモノが入って来たときに攻撃する細胞がいます、
その細胞が活性酸素で悪いモノを攻撃します、

バランスが取れたりしているうちには
大丈夫なんですが、
その細胞が暴走して、大量の活性酸素を出し健康な細胞も傷つけてします、
実は、コロナウイルスで亡くなった人は
肺炎症状で亡くなった人はかなり少ない
そうです、他国で分析された結果だと
亡くなった人の原因は、血液疾患だと
されています

活性酸素による血液凝固による
敗血症、心筋梗塞、脳梗塞など血液凝固による死亡率が高い事がわかって来ました、

だから、血液凝固で血栓が脳に飛び
後遺症になるんですよね、

僕はお医者さんではないので、うかつな
事は言えないのですが

重症化のポイントは、
このサイトカインストームによる 
大量の活性酸素を早いタイミングで
除去出来る事が、かかった場合に
重症化、非重症化の分かれ道になりそうですね、

若い子に重症化の人が少ないのは
酸化に強さも若い人の方が強いからなのかも知れません

活性酸素除去は、SOYが取り組んでいる
テーマです、実はSOYは頭皮の活性酸素除去の発祥の美容院です

水素を使って、頭皮の活性酸素除去をしてます、

水素を上手く使えば、大量の活性酸素除去が可能です、
僕は毎日、水素発生機材の入った
サプリメントを予防で飲んでます

疲れ予防もありますが、
重症化予防にもなりそうです

26000PPMの医療機器で使われている
サプリメントになります

水素は薬事法で認定されていないので
お医者さんと同等のものがつかえます

水素臨床研究学会で検索してください
全国のお医者さんが、水素治療の
臨床研究をされている学会になります
その学会でも、様々な臨床研究が
されて、サイトカインストームについての水素のエビデンス(医療的な効果)が
発表されています


抗酸化がかかった場合の重症化、非重症化の分かれ道になる事は間違いないです

免疫力を上げること、抗酸化を心がけること、

大切なお客様を守る為に、
日夜勉強ですが、こんなに抗酸化が
コロナウイルスに対策として役立つとは
思いませんでした、

感染方法も見えて来たので、
また、サロンの衛生の仕方も変化させて
可能性を潰していきます!

サロンにいらした時に、また
抗酸化の話しをしたいと思います、

皆様の安全のために、まだまだ
勉強です

今日もお待ちしてます!

いち早く熊本県に日常の生活が戻りますように願うばかりです。






投稿者 Soy hair&relaxation

カレンダー

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


住所〒470-0202
みよし市三好丘旭3丁目2-2
最寄駅 三好ヶ丘
駐車場駐車場あり
定休日毎週月曜日、火曜日

詳しくはこちら
お問合わせは0561-76-3235
  • RSS配信
  • RSSヘルプ