Soyブログ

2024年5月21日 火曜日

みよし美容室 豊田美容室

さてさて、巷では古着ブームですね
個人的にも古着屋さん巡りやセカンドストリートなどリュース店を巡っては
ふむふむしています。

Tシャツ一つとっても、縫製技術や
素材 綿のオンス(密度)やポリエステル、編み方も7~8種類ぐらい有ります。

いつもTシャツを着ているんですが
まぁまぁのオタクです。

古着屋さんを巡っていると
古い時代の縫製技術のいい物に出会ったりします。
(デザイン的に好みじゃ無い時も多々あって…。)

でも、日本の縫製技術がすごいなぁと
感心したりしてます。



日本の縫製技術は、その細やかさと品質の高さで世界的に評価されていま
す。


日本の職人たちは、長い歴史を持つ伝統的な技術を大切に守りながら、現代のニーズに合わせた革新的な手法も取り入れています。彼らの熟練した技術によって、衣料品や家庭用品などの製品が耐久性と美しさを兼ね備えたものに仕上げられていますよね…。

この間震災に遭った輪島の漆器などが
いわゆるそれに当たりますね。

しかし、この素晴らしい縫製技術が失われつつある現状もあります。現代の消費社会においては、大量生産と低コストが求められるため、縫製工程は海外へと委託されることが増えています。これによって、職人たちの技術の伝承が困難になり、日本独自の技術が薄れるおそれがあります。

したがって、技術の伝承と見返すことの大切さを理解し、その重要性を認識する必要があります。

技術の伝承は、職人たちの手によって受け継がれるだけでなく、若い世代による学びと継承が不可欠です。また、その技術が見返されることによって、忘れ去られつつある伝統的な技法やデザインが再評価され、現代のデザインに活かされる可能性が生まれます。

個人的に思う事ですが…
まぁ物販高?といいますが…
今までは安さを追求したあまりに、
海外の縫製に変えたりして日本の技術を衰退させてしまったのかなぁ?
なので適切な物価高(品質の良いモノ)を少量を手にする時代にシフトして来たのかなぁと。

大量生産、大量消費や安価の時代が
失った、何か?を早く気付いて

日本の技術を支える時代になっても
いいんじゃないかな?と

僕達、美容師さんもなんなら同じ事
かもしれないなぁと

それぞれの価格帯には、それぞれの
理由がある訳で…

大人女性達だからこそ
そのあたりは理解していただける

僕達は、後輩達にどう技術を伝承出来るかなぁと…考えたりする訳で

ちょいと古着屋さんで作りの良い
メイドインJAPANを見たので…

ツラツラしてみました。

水曜日から営業しますね。






pic20240521192932_1.jpg

投稿者 Soy hair&relaxation

カレンダー

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ


住所〒470-0202
みよし市三好丘旭3丁目2-2
最寄駅 三好ヶ丘
駐車場駐車場あり
定休日毎週月曜日、火曜日

詳しくはこちら
お問合わせは0561-76-3235
  • RSS配信
  • RSSヘルプ